債務整理後の疑問まとめ

債務整理後に住宅ローンは組めるのか?

担保型ローンもNG

クレジットカードやカードローンなど「信用後払い」的なローン商品だと、債務整理後には作るのが難しいなと予想することはできます。しかし、債務整理の後数年間は、顧客信用データベースに事故記録が残ってしまい、どのような借入においても、金融機関に借入を申し込めば顧客信用データベースへ情報照会が行われ、債務整理の記録がある事で審査落ちする可能性はとても高くなります。それは、担保型の借り入れとなる住宅ローンや自動車ローンでも同じ事で、担保があるからと言って借りやすくなるというわけではないのです。

住宅ローンの審査は特に厳しい

担保型の借り入れの中でも、住宅ローンは返済期間が長期に及びますしローン額も多額になることが多いので、金融機関側では審査により慎重になるものです。そのため、少しでも返済や信用に問題がありそうな場合には審査落ちになってしまうわけです。債務整理の中でも自己破産をすると、その後10年間は事故記録が残るため、金融機関からは借り入れが一切できなくなってしまうことが多いですし、住宅ローンも組めないのでマイホームを持つことは難しいでしょう。10年間という長い歳月の中では、家庭を持ったり家族が増えたりもしますし、気持ちを入れ替えて借金とは無縁の生活を送っているかもしれません。しかし、事故記録が残っていることによって借り入れが難しいというのは、債務整理をして借金をチャラにするというメリットと代わりに追うことになった大きな授業料なのです。

今の自分にできる事

顧客信用データベースに事故記録が残っている間は、住宅ローンを組むことは難しいでしょう。しかし、だからと言って何もせずに事故記録が抹消されるのをただ待っているのはもったいないものです。事故記録が抹消されるまでの間、できるだけ身の丈に合った生活をして貯金額を増やし、マイホーム購入の際には頭金を多く入れる準備を始めてはいかがでしょうか?