債務整理後の疑問まとめ

債務整理後何年で借りられるようになるのか?

任意整理だと5年間

債務整理の中でも、裁判所を通さない任意整理を行った場合には、事故記録として顧客信用データベースで保管されるのが5年間となっています。裁判所を通していないので、もしかしたら顧客信用データベースに事故記録が残っていない可能性はゼロではありませんが、これは借入をしている金融機関次第なので、自分自身でコントロールすることはできません。ほとんどの場合、裁判所を通していなくても債務整理を申請した時点で顧客信用データベースに事故記録がついてしまうので、金融機関からの借り入れはほとんどの場合が審査落ちになってしまいます。

民事再生なら7年、自己破産は10年

債務整理の種類によって、事故記録が何年間残るのかは異なります。任意整理だと5年ですが、民事再生や自己破産の場合には裁判所を通して借金を解決することになりますし、借金が大幅に減額されたりチャラになったりするというメリットの代わりに、事故記録が残ってしまう期間は長くなってしまいます。最長なのは自己破産の10年間で、この期間は住宅ローンなどの担保型借入も含めて借入はかなり難しくなってしまいます。

事故記録が抹消された後でも要注意

事故記録は、一定期間が過ぎると抹消されます。しかし、情報照会をおこなう金融機関によっては、過去一定期間の間に全く借入もなければ返済もされていない「不自然な状態」から、債務整理したのではないかと怪しむ業者はあるようです。人間が生活をしていれば、マイホーム購入のためにローンを申し込んだり、自動車の買い替えでローンを組んだりすることもあるでしょうし、クレジットカードを作ることもあるでしょう。顧客データベースが真っ白というのは、経済活動を行っていない20歳前後の人なら全く不思議ではありませんが、社会人として働いている人だと不自然に映ってしまい、もしかしたら過去に債務整理をした人なのではないかと思われて、審査に落ちてしまうことはあるようです。