債務整理後の疑問まとめ

すでに持っているクレジットカードの行方

債務整理後にはすべての借り入れがストップ

債務整理を行うと、金融機関からの借り入れはどのような形でも即効でストップすることになります。これは、任意整理をしても民事再生、自己破産でも同じなのですが、一度債務整理をしたことが事故記録として顧客信用データベースに記録されると、金融機関に借入を申し込んでも審査に通るチャンスはまずないでしょうし、新しくクレジットカードを作ることもできなくなります。

持っていたクレジットカードも利用不可

債務整理をする前から利用していたクレジットカードはどうなるのでしょうか?残念ながら、債務整理をしたことによって利用ができなくなってしまいます。その理由は、債務整理をしたことが顧客信用データベースへ記録されてしまうから。分かりやすく言えば、債務整理をしたことでブラックリストに自分の名前が載ってしまうからです。クレジットカードというのはもともと信用後払いのシステムで、カードを使ってショッピングやレストランで使用する時には手元に現金がなくても支払うことができます。これは、カード発行会社が自分のことを信用してお金を一時的に立て替えてくれている状態なのです。立て替えてもらった分を返済するのは当たり前で、クレジットカードの場合には、使用した分は翌月に全てまとめての一括返済が基本となっています。しかし、債務整理をすると、クレジットカード会社にとっては「立て替えても返してもらえないのではないか」とあなたに対する信用が低下してしまいます。そのため、危険な橋を渡らないために、これまで返済に問題がなかったクレジットカードでも利用不可となってしまうのです。

リボ払いや分割払いの残額

使っていたクレジットカードが利用不可となると、どのクレジットカード会社でも、リボ払いや分割払いなどで残っていた残額は一括返済となります。つまり、それまでは毎月少額の返済をしていた人でも、債務整理をしたことによってクレジットカードの残額を全て一括で返済しなければいけなくなります。