債務整理後の疑問まとめ

債務整理後の借り入れとマイホーム

債務整理する時に住んでいるマイホームはどうなるのか

債務整理をするというと、自宅や自動車などの資産は全て没収されてしまうようなイメージがあります。自己破産をした場合には、マイホームを所有している場合には資産とみなされるので没収ということになりますが、債務整理の中でも任意整理や民事再生を行う場合には、資産を没収されるリスクはないので、マイホームもそのまま住み続けることができますし、住宅ローンもそのまま返済を続けることになります。

民事再生で住宅ローンは整理できない

債務整理の中には、借金の種類や理由が考慮されないものもあれば、民事再生のように特定のローンには適用されないものもあります。民事再生の場合、住宅ローンには適用できないため、もしも住宅ローンによって毎月の家計が火の車になっている場合には、民事再生ではない任意整理もしくは自己破産という方法を選択することになります。このうち、任意整理の場合には資産は没収されないので自宅に住み続けることはできますが、借入の金額が多かったり完済までに気が遠くなる時間が掛かったりする場合には自己破産を勧められることが多いので理解しておきましょう。自己破産の場合、住宅には住み続けることができません。つまり、住宅ローンが払えずに生活を圧迫している場合には、実質的に自己破産という方法を選択することが多くなります。

住宅ローンの見直し

債務整理を行う前に、まずは金融機関に足を運んで住宅ローンの見直しを依頼してみることから始めましょう。減額ではないので対応してもらいやすいですし、事情を話せば毎月の返済額を減額したプランを準備してもらえるかもしれません。金融機関が対応してくれない場合には債務整理を行うことで法的に住宅ローンの見直しを行うことになります。債務整理という手続きを踏まえることによって、どんな金融機関でも対応してもらいやすくなるというメリットがある反面、債務整理という事故記録がついてしまい、一定期間金融機関からの借り入れはできなくなるというデメリットがついています。