債務整理後の疑問まとめ

債務整理後の借り入れは業者選びが大切

業社ごとに審査基準は異なる

債務整理をすると、任意整理なら5年、民事再生なら7年、そして自己破産なら10年間は事故記録としてブラックリストに載ってしまうので、金融機関からの借り入れを申し込んでも審査落ちする可能性が極めて高くなってしまいます。申し込むのは自由ですが、仮審査の段階で審査落ちの結果が分かってしまうので、事故記録が抹消されるまではおとなしくジッとしているのが得策かもしれません。事故記録が抹消されると審査落ちの要素がなくなるので、借入の申し込みをすれば審査に通る可能性が出てきます。この時、金融機関ごとに審査基準が異なるということを踏まえて、できるだけ審査に通りやすい金融機関から腕試しに申し込んでみるのがおすすめです。

A社とB社で異なる審査

金融機関ごとに審査基準は異なっています。顧客情報データベースに情報照会を行い、債務整理の記録がなければ問題なく審査に通る業者もありますし、債務整理をしたような疑いがある場合には審査に通してもらえない金融機関もあります。最初から審査基準が厳しい所に借入を申し込んでしまうと、審査に通らないなどして心が折れてしまいやすいので、各金融機関の審査基準も考えながらどこに申し込むかを決めましょう。

自分で情報照会することもできる

顧客信用データベースへの情報照会は、金融機関でなければいけないということはありません。借り入れの申し込みをする前に自分自身で行うこともできます。簡単な個人情報の確認をすれば、どんな情報が載っているのかを教えてもらうことができますし、間違っている情報などは調査依頼をして修正してもらうこともできます。ちなみに、顧客信用データベースで管理されている個人情報には、氏名や生年月日、住所、電話番号などがあり、同一都道府県内に住んでいる同姓同名の人物の事故情報が誤って自分の事故情報になっていた、という可能性はゼロではありません。債務整理後に借入の申請をするなら、事故情報が抹消されていることを確認した上で金融機関に足を運ぶというのも賢い方法かもしれません。