債務整理後の疑問まとめ

債務整理後に借りやすいのはこんな人

完済していれば借りやすい

債務整理後でも、すでに借金を完済している人なら、比較的審査に通って借りやすいと言えます。借金を債務整理した金融機関の場合には、金融機関が独自に顧客データベースを管理していて、そこに記録されている事故記録は半永久的に消えることがありません。そのため、その金融機関に借入を申し込みしても審査落ちするという可能性は高くなってしまいます。しかし、ほかの金融機関なら、完済して事故記録も残っていなければ、債務整理をする前と同じような感じで審査にも通りやすくなります。

もう少しで完済という人も望みアリ

まだ完済していないけれど、完済まで残金があと少しだけの人は、金融機関によっては審査に通ることも可能です。銀行など審査に厳しい金融機関では難しいのですが、消費者金融の中には、事故記録があるというだけで審査落ちにするのではなく、どのぐらい信用できるのかじっくり審査してくれる業者もたくさんあります。そうした所に借入を申し込んで事情を話せば、場合によってはお金を借りることも可能です。

返済遅延が無いことが条件

完済していなくても、これまで真面目にコツコツと返済を続けていた人なら、審査に通る可能性はゼロとは言い切れません。しかし、返済が何回か遅れてしまったことがあるなどして、金融機関にとっては真面目と言いきれない不安材料があると、審査に通る可能性は一気に低くなってしまうので気を付けましょう。特に、複数社からの借り入れを債務整理している場合などには審査には通りにくいので、すべてが完済するまで待った方が良いでしょうし、逆に1社からの借り入れを債務整理して、返済が一度も遅れたことが無く完済まであと一息という人なら審査に通る可能性は高くなります。闇金に当たらないように気をつけながら、中規模ぐらいの消費者金融を探せば、債務整理後でもお金を貸してくれる金融機関を見つけることができるようです。