債務整理後の疑問まとめ

債務整理後の借り入れで気をつける事

簡単に貸してくれる業者は赤信号

債務整理後には、ほとんどの金融機関で借り入れを申し込んでも審査落ちになってしまうため、お金を借りることはとても難しくなるものです。しかし、そんな状況の中、ろくに審査もせずに簡単にお金を貸してくれるような業者は、救世主というよりは闇金の可能性が高いので注意しなければいけません。金融機関が融資の前に行う審査は、その人が本当に貸したお金を返してくれるのかどうか、その人の信用をチェックするものです。債務整理をしたということは、正式に「返済能力が無い借金をしました」ということですから、金融機関に信用がない人物だと思われても仕方ない事です。そんな中でもお金を簡単に貸してくれる業者というのは、どんな人物からでも必ず取り立てに成功する絶対的な自信がある業社と言えます。恐怖の取り立てが待っているかもしれませんから、気を付けましょう。

違法業者からは借りない

債務整理後にお金が必要になることはあるかもしれません。しかし、債務整理をしていることによって金融機関から借りることは絶望的ですから、もしかしたら人によっては違法な業者と知りながら目の前のお金を借りたくて飛びついてしまうこともあるかもしれません。しかし、違法な業者から借りてしまうと、違法な取り立てをされて後から苦しむのは自分自身になってしまいます。バブル期の頃に行われた厳しい督促や昼夜を問わない取り立てなどで、精神的に追い詰められてしまうのは自分なのです。そうならないように、業者を選ぶ際には最初に貸金業登録番号をきちんと確認し、違法業者でない所に相談することが大切です。

借りずに済む方法を模索することも大切

急な出費が必要になった場合でも、すぐに金融機関にお金を借りることを考えるのではなく、まずはお金を借りなくても急場をしのげる方法を模索することも大切です。例えば、急な怪我や病気で入院することになった場合、まずは医療機関に事情を話して相談してみてください。分割払いに応じてくれるかもしれませんし、医療費が少しでもかからない方法を模索してくれるかもしれません。